kaminomania ~倒産前に転職を試みる35歳会社員の奮闘記~

会社の経営危機で転職活動中の35歳係長が日々のあれこれを綴ります

9連休GW 平成最後の忘れ物in尾道

スポンサーリンク

こんにちはkamiです。

そうそうに、やってしまいました。

 

我が家のGWは9連休。初日は。4時起床で、タクシー➡在来線➡新幹線➡在来線を乗り継ぎ広島県にやって来た。広島県は初めての訪問で、3日間の滞在だ。

 

今回は、ビジネス1割、遊び9割。もちろん妻と息子を帯同しての旅行だ。ビジネス1割と言う言い方は、本業以外のビジネスパートナー家族と遊び・酒を酌み交わすという状況を作っていることだ。

 

相手の領域に、一歩踏み込んだお付き合いになるわけだが、まぁ年に一回ぐらいいいじゃない。踏み込んでみないと見えないものがきっとあるからね。

 

場所は「広島県 尾道

 ということで、まずは遊びです。

f:id:kami2775:20190430060628j:image

尾道駅に降り立つ。知人との合流の約束まで1時間半ある。

 

大丈夫。下調べはしている。駅周辺の「カフェと物産館が融合したおのまる商店」で、待ち合わせ時刻までゆっくり、珈琲を飲むのだ。八朔ゼリーを、八朔大福、クラフトビールが有名らしい。それらを食べるのだ。

 

朝早くからの移動・乗り継ぎ、少し家族も眠そうだ。

僕も少し眠い。家族の気分を盛り上げよう、それも務めというものだ。

 

 

 

「はっさく大福、食べよーぜ!」努めて明るく言った。

 

 

 

 

カープ仕様のレモンケーキだぜ!衝動買いするぜい!

f:id:kami2775:20190430061633j:image

 

 

お父さん、朝からクラフトビール飲んじゃうぜ!!

f:id:kami2775:20190430061700j:image

 

いやぁ、天気も良いし、尾道を広島を楽しもうね!

 

 

 

そう宣言したその1分後。

 

それは、何の前触れもなくやってきた。

 

 

 

妻に何かを言われたわけでもなく・・・

 

なんの引き金となる出来事もなく・・・

 

 

 

例えるなら、休日の早朝、寝室のカーテンの隙間から朝日が差し込んで来て、自然に目が覚めるあの心地よさに似ている。

 

 

 

 

「あぁ、よく寝たなぁ・・」

 

 

 

 

 

そう、まどろみの中で、そっとつぶやく感覚で

 

 

 

 

 

 

「あぁ、リュックがないなぁ・・」

 

 

 

 

それは、もう緊張感ゼロで、僕の口から放たれた。

 

 

 

小さいテーブルを3人で囲んで、妻が「はっさく大福」を頬張っていたが、口があんぐりと空いたままだ。

 

僕は、時を止めることに成功した。 

 

 

何も言い訳はしない。この荷物の管理責任者は僕だ。

僕は、電車移動にもリュックサックというアイテムにも慣れていない。電車の網棚にリュック置き忘れた。幸い、財布やスマホ等の貴重品は無事だ。

 

観光地へ向かう、込み合った在来線の中、子供が隣の席の方に迷惑をかけないよう、意識を向けすぎた結果、「ついうっかりした」というのが本音ではあるが・・

 

 さて、約束まで1時間ある。迅速に行動しよう。

やってしまったことは仕方がない。

 

 

リュックサックを探しに行く

妻と息子には店で待機するよう伝え、尾道駅の駅舎に一人で向かった。

駅員さんに事情を説明し遺失物届けをかいた。15分ほど駅舎で待機した。

幸いにも、隣駅の「糸崎駅」で見つかった。隣駅は終点で車両基地になっている。

 

 

糸崎駅で、リュックを保管しているので取りに来れるか?と問われ、「今すぐ取りに行く」と伝え、向かった。簡単な手続きをして、リュックサックの回収に成功した。

f:id:kami2775:20190501063052j:plain

 

 

糸崎駅から、尾道に向かう列車が、出たばかりだった。時刻表を見ると、1時間に2本しか電車が無かった。タクシーも車寄せには止まっていない。駅の周りには何もない。

 

することがない。

 

ホームのベンチに腰を掛けて、反対方向を走る列車を眺めたりした。

 

車両が可愛らしい。あれは瀬戸内界隈が推しているレモンイエローに寄せたのか?

いやいやJRはそんなことはしない。たまたまだろう。そんなことを考えたりした。

f:id:kami2775:20190501061342j:plain 

 

大丈夫。9連休という膨大な余暇の内、たった1時間半ロスしただけだ。知人との約束には30分ほど遅れる旨、お詫びの連絡をしておこう。

 

 

尾道駅に戻り家族と合流した。


妻からは、お叱りや、文句の言葉は無かった。

幸いにも、隣駅止まりの車両に乗車していたこと。リュックサックが無事見つかったこと。時間をはロスしたが、1時間で済んだこと。傷は浅い。

 

 

傷が浅いことをポジティブに捉えて、仕切り直して楽しもうじゃないか。

 残念なのは本来のおいしさを感じることが出来なかったクラフトビール。ぬるく少し苦い。

 

ラベルを見るとフレーバーは、「カカオフレーバー」だそうだ。

 

今の僕にはお似合いだ。ちょっと笑った。