kaminomania ~倒産前に転職を試みる35歳会社員の奮闘記~

会社の経営危機で転職活動中の35歳係長が日々のあれこれを綴ります

コロナ禍のはざまで 妻よ知らない事は罪じゃない

スポンサーリンク

f:id:kami2775:20200613084651j:plain


コロナ禍 知らない事は罪じゃない。

 

 

昨日金曜日、珍しく残業がありクタクタになって帰宅した。妻と息子は寝ている。

用意されていた晩御飯を温めなおす。その間に缶ビールの蓋を開け、のどに流し込む。

 

 

寝室の扉がスーッと開いた。

寝かしつけで、寝落ちした妻が起きてきた。

 

 

嫁:「ねね、『コロナ禍』って言うじゃん?どういう意味か知ってる?」

俺:「コロナがもたらしたわざわい。だから『コロナ禍』」

 

 

嫁:「・・・おお、さすが大卒。」

 

俺:「大卒は関係ない。俺、嫁ちゃんが言いたいことわかるで。」

「コロナ禍という単語を初めて耳にした時、『禍(か)』という単語が身近じゃないから、『コロナ化』と想像するけど、前後の文脈から『どうやら、コロナ化ではなさそうだ』と感じ、Google検索をした結果コロナ禍にたどり着く。そんな話でしょ?」

 

 

嫁:「違うの。そこまでたどり着けていなかったの。私はね、「コロナ禍」と「コロナ化」が世の中で使い分けられていると認識していたのよ。」

 

 

俺:「は?」

 

 

 

嫁:「私はね、コロナ禍=ころなうず、コロナ化=ころなか、と捉えていたの。」

 

俺:「・・おおさすが高卒」

 

 

嫁:「コロナが本格化して3カ月もたつのに、テレビやラジオから、一向に『コロナうず』という単語が聞こえない事に違和感を感じていたの。ついに今日そのモヤモヤが爆発して、Google検索をかけて正しいコロナ禍に出会えたの!」

 

俺:「うずはないな。」

 

 

嫁:「コロナ禍を、ころなうず、どころか『ころななべ』と間違えて認識していた人も居るみたいだから、それよりかはマシでしょ!」

 

俺:「鍋は絶対ネタやん・・。」

 

 

「私ね、あなたが帰ってきたら、これを話したかったの!すっきりしたー。」そう言い放ち、妻は息子の待つ寝室に颯爽と消えていった。

 

 

僕は、週末の夜に大笑いをさせてくれる嫁をチャーミングに思っている。

 

知らないことは罪じゃない、知ろうとしないことが罪なのだ。

 

ではでは。

 

PS、これ今日ネットで見かけた拾い物。

f:id:kami2775:20200613091045j:plain

深いようで浅い。当たり前のことを書いているだけだ。しかし、ポジティブにさせるのはこの字体のせいなのか?キムタクを引き合いにだしているからだろうか?

 

 どうでもいいか。

 

www.kaminomania.work

 

 

www.kaminomania.work

 

 

www.kaminomania.work