kaminomania ~倒産前に転職を試みる35歳会社員の奮闘記~

会社の経営危機で転職活動中の35歳係長が日々のあれこれを綴ります

子供の遊びは怖いものが多い

スポンサーリンク

f:id:kami2775:20190815203227j:plain

子供の遊びは怖いものが多い。

 

「大縄跳び」、「缶けり」、「警泥」、「だろまさんがころんだ」、「花いちもんめ」、この辺りはその代表格では無いだろうか。

 

「大縄跳び」は、もし自分の番で回数をとぎれさせてしまったらどうしようか?という不安と緊張感の戦い。

 

缶けりは、もし自分が空気を読めない場所に隠れてしまったが故に、ゲームが終わらず放おっておかれてしまい、気付いたら違う遊びが始まっている。

 

この2つは協調性が問われるのだ。

 

警泥は、そもそも警察と泥棒という対立の構図を遊びに取り入れている点に問題がある。似たような遊びで遊びの名称は忘れたが「バリア」という発声とともに、相手から触れ無くなる遊びもあった。「触った」、「触るな」というやり取りが交わされる。

 

だるまさんがころんだは、「動いた」、「動いてない」の主張が繰り広げられて、最終的には力の強い子グループの言いなりになる。

 

このように、それぞれの遊びの特徴を見ていただければお分かりだろう・・。

控えめに言って残酷だ。

 

その中でも「花いちもんめ」は群を抜いている。この遊びの仕組みそのものが、「いじめ」と言っても過言では無い。

 

「誰々ちゃんがほしい」、「相談しましょう」という応酬へ経て、結果選ばれる子と選ばれない子に分かれる。

 

相談された結果、いつまでも名前を呼ばれずに残る子はどんな想いなんだろうか。最後に残る子はどんな想いでこの遊びに参加しているのだろうか?

 

・・・

 

 

帰省の折に、息子を連れて行った公園で、はないちもんめをやっている小学生と思しきグループを見かけた。

 

想像をしてしまった。

 

近い未来、僕の息子は、はないちもんめをやった時、「〇〇くんがほしい」とできるだけ早く名前が呼ばれるキャラクターに育つだろうか?息子が最後まで選ばれていない姿を見てしまったときにどう思うだろうか?「もっと強くなれ 」と激励するのだろうか?

 

公園の遊具の取り合いで、他の子に順番を譲りながら遊ぶ控えめな息子を見ながら、そんな事を考えていたら、僕の胸がきゅうと鳴った。